Dreamdancer

モバマスイベント走行記、攻略情報(?)、あるいはモバマスについて思うことなど

デレステ6月度ガシャ予想等

こんばんは。5th大阪公演は現地・LVともに不参加の烏龍茶です。スターライトステージの楽曲等登場回数まとめ - Dreamdancerの更新をしたので、ついでに今日のガシャ更新も含めた6月のガシャで出てきそうなアイドルを予想します。ついでにアタポンイベで登場するユニットも予想したりしてみます。

6月のガシャで出てきそうなアイドルは……

キュート

CINDERELLA MASTERが出ていて恒常SSレアが出ていないアイドルは安部菜々の1名のみ、それ以外でボイス実装済みだけど恒常SSレアが出ていないアイドルは道明寺歌鈴の1名のみですが、当然の話として5月末ガシャの目玉だったので歌鈴の登場はないでしょう。一方で、第6回総選挙で50位以上にランクインしたボイス未実装のアイドルは今井加奈・工藤忍の2名となります。

これまでのSSレア追加の法則に従えば候補となるのは以上の3名ですが、

  • 安部菜々は一応3ヶ月おきになら手に入るチャンスがあるという意味では恒常に近いので薄い(もし3枚目があるなら多分凛と同じように月末限定になると思われる)
  • 今井加奈は総選挙で結果を残したものの、今回が初ランクインのため実装に時間が掛かる可能性がある(こずえ同様に運営は人気を把握していて事前に準備している可能性もあり)

というのを考えると、一番目があるのは一度だけ総選挙中間速報で顔を出したことのある藤忍と考えられます*1

また、彼女たち以外にも「ほんとうの51位」にあたるアイドルがここで抜擢される可能性はあります。総選挙で非公開の順位については運営しか知らないため私の勘と昨今のTwitter等でのトレンドを鑑みての予想になりますが、

  • 池袋晶葉
  • 白菊ほたる
  • 棟方愛海

あたりは可能性があるのでは?と考えています。

ということで最終的な予想ですが、6月のキュートSSレアは棟方愛海であると予想します。ゆくゆくは工藤忍や今井加奈が優先的にSSレア化されそうですが、総選挙直後でそれがまだ難しいこと、また愛海は結構前にLIVE PARTY!!の上位報酬になったこともあるのを鑑みて、多分「あとちょっとで50位に入りそう」なラインを攻めてくるのではないかという予想です。

クール

クールは予想がもう少し単純になります。CINDERELLA MASTERが出ている組では川島瑞樹・橘ありすの両名がまだ恒常SSレアを持っておらず、またここ2ヶ月雪美・千枝とCM組以外からSSレアが出ており、さらに最近SSレア化された2名がどちらも低年齢層であることを考えると、ここらへんで川島瑞樹の恒常SSレアが出てくるのではと思われます。

とはいえ先日のNocturneイベで再登場したことを考えると少々登場間隔が詰まっているとも考えられ、そこを考慮するとありすが出て来る可能性も大いにありえます。

パッション

パッションはこれまた予想が難しい…… CM組で恒常SSレアがないのは城ヶ崎美嘉・大槻唯の両名ですが、どちらも一応フェス限という形で入手のチャンスがあるため望み薄。それ以外のボイス実装済みアイドルでは上田鈴帆難波笑美がまだで、5thのライブ出演状況とかを鑑みると難波笑美に可能性がありそうです。ボイス未実装かつ総選挙で50位以上にランクインした組ではナターリア・南条光が該当しますが、実績を考慮するとナターリアの方が有利でしょう。

というわけでこういう時は最近のガシャを参照するに限りますが、5月はボイス未実装の巴、4月は恒常がまだだった茜、3月はSSレア自体初だった早苗が登場していました。というわけで、ここらへんでバランスを取って「ボイス実装済みだけどCMはまだ」の人から選ぶと難波笑美が来るのではないでしょうか。笑美でなければナターリアあたりが堅いと思われます。

(6/10追記)いきなり外しましたね…… Paで1周目が限定かつ2周目がなかなか来てないアイドルとしては確かに木村夏樹向井拓海の両名がおり、そのご無沙汰具合を鑑みても今回予想で挙げたアイドルよりも恒常SSレアの可能性がある2人でした。今月夏樹が来たということで、来月こそは「ボイス実装済みだけどCMはまだ」組からSSレアが来るのでは……と予想しています。とか言って拓海が来る可能性も十分高いですが。

6月のアタポン形式のイベントで来るのは……

アタポン形式のイベントで来る可能性がありそうな、既に発表済みの曲は以下の通りです。

  • Take me☆Take you
  • キミのそばでずっと
  • キラッ!満開スマイル
  • エチュードは1曲だけ
  • SUN♡FLOWER

この中では『Take me~』が一番古い楽曲になります。というか、これいつになったらデレステに実装するんでしょうか。実装決定って告知が入ってからかなり経ってる気がするのですが…… いや時間が経ちすぎて実装決定の報が本当にあったのかどうかも不安になってきました。何はともあれ、そろそろ第6回総選挙用の楽曲も考え始めなければいけない時期に入ってくるため、真っ先に消費したいのはこの曲です。

一方で、完全新曲を引っさげて登場しそうなユニットとしては、例えば以下が考えられます。

  • レイジーレイジー
  • ロウ・イエロー
  • 羽衣小町
  • カワイイボクと142's
  • トライアドプリムス
  • ダークイルミネイト
  • ビビッドカラーエイジ(Age16)
  • ブルーナポレオン
  • サイバーグラス
  • フリルドスクエア

パッと挙げてみたものの、メロウ・イエローはゆかりが新曲『With Love』に参加したため多分なし、羽衣小町は紗枝が若干イベント出過ぎ感があるため難しそう、ビビッドカラーエイジ以下は現状2名以上のアイドルについて新たに声優を決めなければいけないため厳しそうという事情があります。これを受けて絞ると、

  • レイジーレイジー
  • カワイイボクと142's
  • トライアドプリムス
  • ダークイルミネイト
  • サイバーグラス

という感じになるでしょうか。サイバーグラスについては比奈のボイスが決まれば行けますが、肇より順位が低かったことを考えると、彼女よりも優先してボイスおよび新曲が実装されるかどうかは怪しいと思います。他のユニットについては、

  • 両名とも『Tulip』以来新曲を歌っていない、モバマスで謎のピックアップを受ける
  • 小梅と幸子は新曲を未だに1曲も歌っていない(一応『Lunatic Show』は両名出演したが既存曲)
  • 偶然か否かわからないが凛の3枚目のSSレアが登場した
  • 蘭子・飛鳥の両名が新曲を歌っていない(ついでに言うとjewelries以外の既存曲にも参加していない)

というどれも新曲がありそうな状況があります。そんな理由で予想は非常に難しいですが、『∀nswer』をキュート回とすると属性が一周したということも鑑みるに、レイジーレイジーが一番濃厚な線なのではないでしょうか。属性順を守るとなると次点でカワイイボクと142'sになります。

# # #

予想は以上になります。あくまで予想、また今回あたりからこれまでの法則を適用しづらくなってくる頃なので確証もなくなってくる頃ですが、よかったら参考にしてください。

それでは今回はこの辺で失礼します。

*1:とはいえ第2回で中間速報にランクインしたのはガチャブの後押しも受けているので、実際のところ他の総選挙ではどうだったのかはわかりません

シンデレラガール高垣楓リミテッドガチャ・傾向と対策

高垣楓さん第6回シンデレラガール総選挙第1位おめでとうございます。晴れて悲願であったシンデレラガールの栄冠を獲得したわけですが、これにより楓さんはこれからいろいろとモバマス内外で登場機会が増えることになります。その中でも、モバマス(「モバゲー」で配信されているソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ』)内で開催されると予想されている「シンデレラガール高垣楓リミテッドガチャ」について、モバマス初心者やデレステからの方にもわかるように解説しつつ、またその対策方法をまとめておきます。

※今更私が偉そうに言うことでもありませんが、「課金できないなら担当Pを名乗るべきではない」というのはウソであり、各自ができる範囲で課金すれば良いというのが原則です。課金が難しい方は以下の話は話半分に読んでください

「シンデレラガール高垣楓リミテッドガチャ」とは

  • 開催時期:2017年7月初頭(2016年と同じ場合)
  • 概要:Sレア[シンデレラガール]高垣楓が登場する有料プラチナオーディションガチャ
  • このガチャで自引きできなくても後々自引きすること・入手することは可能

毎年総選挙で1位を取ったアイドルは[シンデレラガール]の称号がついたSレアカードが追加されており、楓もその例に漏れず登場することになります(総選挙開催時に明言されています)。時期としては、総選挙が行われた時期がほとんど同じだった去年を参考にするならば7月ということになります。ちなみに「シンデレラガール島村卯月リミテッドガチャ」の開催時の公式告知ツイートは以下になります。

このガチャの方式については後ほど詳しく説明しますが、一定の課金をすれば確実にSレア楓が入手できるガチャになっています。また、このガチャで楓を引けなかった場合でもフリートレードを利用して楓を入手することが可能であり、またガチャ終了から多少時間が経ってからになりますが、[シンデレラガール]高垣楓は通常ガチャにも追加されるため、一応自引きするチャンスもあります。

そもそも「リミテッドガチャ」とは?

まず、あまりモバマスのガチャに明るくない方のためにリミテッドガチャとデレステのガチャの違いについて簡単に説明したいと思います。

デレステのガシャ


  • どのアイドルが出るかわからない
  • 狙っているアイドルが出ないかもしれない(あるいは出るまで非常に多く回さなければならないかもしれない)
  • 同じアイドルが2回出るかもしれない

今更説明することでもないですが、デレステのガシャは限定アイドル・新規アイドルが「出やすく」なっているだけで、確実に出ることを保証するガシャではありません。そのためよくTwitter等で話題になっているように「出るまでめっちゃ回さないと出ない」とか、ピックアップされている方ではないアイドルばかり出て困ったりとか、そういう「事故」がよく起こります。

モバマスのリミテッドガチャ


  • 限定アイドル枠と通常アイドル枠があり、それぞれガチャで出る数が決まっている
  • 「プラチナオーディションガチャチケット」を使う場合、通常枠のアイドルしか出ない
  • 「限定アイドル確定ガチャチケット」を使う場合、限定枠のアイドルしか出ない
  • 以上のどちらでもない課金ガチャを回すと、限定・通常のどちらのアイドルが出る可能性もある

これに対して、モバマスのリミテッドガチャはあらかじめ限定アイドル・通常アイドル(いわゆる「恒常アイドル」)ともに出る数があらかじめ決まっています。2017年5月に行われたリミテッドガチャと同じならば、「[シンデレラガール]高垣楓」が1枚、「[戦女神の先導]神崎蘭子」が1枚……というふうに出る枚数が設定されていて、規定枚数が出たアイドルについてはガチャをリセットしない限り二度と出ません*1

リミテッドガチャで楽をする“裏ワザ”

普段のイベント等で手に入る「プラチナオーディションガチャチケット」を使ってガチャを回すこともできますが、その場合必ず「通常枠」のアイドルが排出され、「限定枠」のアイドルは絶対に出ません。またリミテッドガチャを回すとオマケとして貰える「限定アイドル確定ガチャチケット」を使うと必ず「限定枠」のアイドルが排出され、逆に「通常枠」のアイドルは絶対に出ません。モバコインやジュエルを使用して回す課金ガチャでは、通常枠と限定枠のどちらのアイドルが出る可能性もあります。

さて、仮に限定Sレア楓を必ず手に入れたい場合、モバマスのリミテッドガチャの場合天井が設定されているため、おおまかにかかる金額を計算することができます。リミテッドガチャ開催中のガチャでは課金ガチャ10回+限定アイドル確定ガチャチケット1枚のセットが基本となっているため、超大まかに計算すると139,800モバコイン(またはシンデレラコイン)をガチャに突っ込むと全てのアイドルを引ききることになります。もちろん、期間中は上記のガチャセットよりもお得な回数限定ガチャセットが多種類販売されているため、本当に約14万かかることはありません。

とはいえ、天井があると言いつつ10万以上かかるというのはちょっとしんどい気がします。そのため、リミテッドガチャのテクニックとして、「プラチナオーディションガチャチケットを使って通常枠アイドルを全て引ききってから課金ガチャを回す」というものがあります。

もしプラチナオーディションガチャチケットが350枚あれば、通常枠のアイドルを全て引ききってしまうということが可能です。そうすると、本来なら通常枠アイドルを排出する可能性がある課金ガチャを、100%限定枠アイドルを排出するボーナスタイムに突入させることができます。その場合、大雑把に計算して34,800モバコイン(またはシンデレラコイン)で楓を含む全ての限定アイドルを入手することができます。これもやはりお得な回数限定ガチャセットを利用したり、モバコインの代わりにジュエルを使用することで軽減することが可能です。

今から楓ガチャで(できる限り)ラクをする方法

ジュエルを入手する

「ジュエル」とは、デレステのスタージュエルと同様にガチャに使える特別なアイテムです。通常のガチャよりもお得なガチャでは使えませんが、通常の10連ガチャや単発ガチャではモバコイン・シンデレラコインの代わりに使うことができます。これを貯めておけば、おまけとして「限定アイドル確定ガチャチケット」をもらえる10連ガチャを回すことができるため、もしかすると(116分の1の確率で)限定楓を入手することができるかもしれません。現在の入手経路としては

  • 600万人記念プレゼント(3000個)
  • 600万人記念ログインボーナス(毎日50個)
  • イベント報酬(毎日100個)

の3つがあります。今からモバマスを始めることで、少なくとも6000個=10連2回分ぐらいは貯めることができそうです。

プラチナオーディションガチャチケットを入手する

先程説明した通り、リミテッドガチャではプラチナオーディションガチャチケットで通常枠アイドルをある程度削っておくことが重要です。ということで、できる限りガチャチケットも集めておく必要があります。こちらについては、ログインボーナスやパネルミッション、イベント報酬などで大量に入手することが可能です。が、残念ながら全ての通常枠を削れる350枚を集めることは難しいと思われます。今から始めると恐らく100枚程度になるかと思いますが、リミテッドガチャを絶対回すという場合はガチャチケットも絶対集めておいた方が良いです。

最後に:自引きしない選択肢を取る場合は……

もし7月に開催されると思われるリミテッドガチャを回せない場合は、フリートレードで入手するという選択肢もあります。その場合、以下のようなプランが考えられます。

  • カウントアップガチャなど、別のガチャを回してスタドリを入手する
  • [シンデレラガール]高垣楓はそのうち恒常入りするため、恒常入りしてからフリートレードで入手する

楓ガチャ開催直後は相場が非常に高くなりますが、時間が経つにつれて(恐らく)相場は段々と下がっていきます。そのため、相場が下がったタイミングで別の課金効率の良いガチャを回し、そこで入手したスタドリをフリートレードで交換することで、ゼロから楓ガチャを回すよりは安価に楓を入手することができます。

また、7月(予想)の楓ガチャで追加されるSレア楓は実は限定アイドルではなく、時間が経つと恒常入りします(ガチャ開催から数ヶ月後)。そうすると、通常のガチャや各種ガチャチケット(Sレア◯%プレミアムガチャチケットなど)を使用しても楓がポロっと出てくる可能性が出てきます。ここまで来ると楓の相場はかなり下がっているため、こつこつ貯めたスタドリでも楓を入手することが現実的になってきます。

# # #

今回は以上です。ガチャの開催時期や出現アイドル等は全て現段階では予想となりますが、去年と同じならこうなるはずなので、ある程度の参考にはなると思います。もしガチャを回す場合はがんばってください。

*1:リセットは限定楓か限定蘭子を引くと行えます。自力で楓を2枚以上引きたいならリセットを行う必要がありますが、基本的にはリセットのことは考えなくて良いでしょう

第6回シンデレラガール総選挙・総括と展望

もう総選挙の結果が発表されてから2週間近く経ちますが、とにもかくにも第6回シンデレラガール総選挙お疲れ様でした。投票している以上これまでもずっと当事者ではあったわけですが、今回は自分の担当が上位争いに絡むというこれまでとは文字通りレベルの違う戦いに絡んだことでかなり消耗した気がします。それは当然実際の投票のための行動という意味でもあり、総選挙に関していろいろ思い悩む時間が増えたという意味でもあり、あと「シンデレラガール総選挙」に関して疑問を呈する意見に対して無駄に心を毛羽立たせていたという意味でもあります。その結果、総選挙が終わってから公私(モバマスは公と私のどっちになるんですかね?まぁどっちでもいいですけど)共になんというか燃え尽き症候群みたいな感じになっており、体調は崩すし何事にも気合が入らないといった具合です。金曜の夜には石川に向けて旅立つ予定なんですがこんなんで大丈夫なんですかね……

とまあいつもより長い前置きはここまでにして、今回は第6回シンデレラガール総選挙の結果についてこれまでの私の予想等をおさらいしながら総括していきたいと思います。それと、この結果を踏まえてこれからのシンデレラガールズがどうなっていくのか、あるいは第7回総選挙はどういう展開になりそうなのかというのをかるーくではありますが展望しておきたいと思います。

烏龍茶の予想と結果のおさらい

順位 予想(中間前) 中間結果 予想(最終前)*1 終結 得票数
1 高垣楓 高垣楓 高垣楓 高垣楓 1,063,033
2 藤原肇 藤原肇 本田未央 本田未央 844,017
3 佐久間まゆ 本田未央 藤原肇 藤原肇 770,989
4 本田未央 荒木比奈 荒木比奈 荒木比奈 607,600
5 荒木比奈 喜多見柚 喜多見柚 喜多見柚 541,699
6 喜多見柚 佐久間まゆ 佐久間まゆ 佐久間まゆ 518,837
7 安部菜々 北条加蓮 関裕美 村上巴 462,914
8 神谷奈緒 鷺沢文香 村上巴 北条加蓮 426,659
9 北条加蓮 関裕美 北条加蓮 関裕美 404,133
10 関裕美 安部菜々 安部菜々 鷺沢文香 398,036

今回はツイート数集計という形で「ある程度」ユーザーの投票行動が可視化されていたので読みやすくはありましたが、ぼちぼち最終結果に近い順位予想になりました。できることなら次回は投票ツイート機能なくしてほしい気もするけどどうなんだろう……一度実装した機能を削除するってことはないような気もする……

総括1:シンデレラガール争いについて

やはりガチャブは大正義だがそうさせるだけの理由もある

今年の「シンデレラガール」の栄冠は、多くの人も予想していた通り高垣楓の頭上に輝く運びとなりました。中間発表段階でも既に1位にランクインしており、藤原肇や本田未央といったライバルの存在がありつつも結果で実力を証明した形です。その後、4月末ガチャで一番手に抜擢されるいわゆる「ガチャブースト」を背に受け、最終的に未央に20万票以上の差をつけて1位でフィニッシュしました。

ガチャブに関しては賛否両論あり、私も「あってもいいけどなかったら面白い戦いになっていたかもしれない」とちょっと思っていたクチでもあります。しかしながら、今回楓がガチャブの影響を受けられたことは「アンフェア」ではないとも考えています。というのも、そもそもガチャブを受けられるのにもそれなりの理由があるからだと考えているからです。例えば第4回なら直前のアニバーサリーボイスアイドルオーディションで惜しくも敗れた周子、第5回は第3回で凛にCGの座を譲りつつアニメ等でモバマスの顔として活躍してきた卯月、そして第6回はこれまでの度重なる逆境にも関わらず常に総選挙上位にランクインしていた楓と、錚々たる「物語」を抱えたアイドルたちだからこそ運営からの後押しを受けていたということが多少はお分かりいただけるかと思います。

つまり、今回の楓の勝利は、決して第5回総選挙が終わってから今までの1年間の結果ではなく、モバマスローンチ当初から今までの5年半の積み重ねによる勝利だったということです。総選挙が始まる(正確に言えば、4月末ガチャの人選をどうするか運営が考えた)時点で、最もシンデレラガールにふさわしい物語を抱えたアイドルが誰かを考えた時、運営としては楓がそのアイドルだったということなのだと思っています。というわけで、第6回シンデレラガール総選挙における楓と楓Pの勝利にお祝い申し上げるとともに、楓Pが過ごしてきたこの5年半という歳月に対してもお祝いを申し上げたいと思います。

苛烈なCG争いが示すモノ

とまあ「第6回は楓でキマリだった」みたいなことを言っておきながらこういうことを言うのもアレですが、今回のシンデレラガール争いはかなり激しい戦いになりました。第5回では32万票程度だった1位と2位の差は今回22万票まで縮まっており、さらに言えば1位と3位の差も29万票差に留まっています。楓が圧倒的な支持を受けつつガチャブの恩恵も受けていた一方で、未央や肇も楓に追いつけ追い越せという勢いで票を集めていたということが窺えます。特に未央はCGから最も遠ざかっている属性であるパッションの中でも最有力のアイドルであり、パッションPの票を多く集めていたものと予想されます。

実際のところ(今回の総選挙で上位にランクインしているアイドル皆に言えることですが)未央も楓に負けず劣らず「物語」を抱えているアイドルであり、第6回CGの有力候補としては楓と並んで挙げられているアイドルでもありました。その未央が今回は惜しくも2位という結果にはなりましたが、楓に22万票差、有り体に言えば総選挙期間中モバマスの全イベントに参加できた人400人分の差まで迫ったということは、ガチャブをひっくり返すことも全くの不可能ではないということを暗示しているのではないでしょうか。

次回の総選挙についてはまた章を分けて予想することとしますが、今回は楓の見事な勝利が見られた総選挙である一方、未央の健闘が光った総選挙でもあったということを書き残しておきたいと思います。

総括2:キュート上位3位争いについて

まゆと裕美の大躍進はお見事、3位争いは有力者同士の戦いに

キュートの上位3位争いでは、これまで総選挙上位に絡んだことがほぼほぼなかった佐久間まゆが大躍進を見せ、全体6位・属性1位にランクインしました。これは個人的には総選挙前には全く予想していなかった結果です。この1年間、デレステで『Love∞Destiny』や『あいくるしい』などの楽曲に参加して露出を増やし、もともと堅実だった基盤にさらに支持層を上積みできたということになるのでしょうか。あるいはTwitterでのまゆPによる団結や選挙活動の賜物なのかなど、この結果をコレといった理由をもって説明することは難しいですが、「なんとなく人気がある」という雰囲気を持つアイドルが実際に支持を受けて総選挙上位にランクインすることは好ましいことであると思いますし、大変よかったと思います。

一方で、ボイス未実装組の中でも最有力と目されていた関裕美は全体9位・属性2位とこちらも大躍進の結果を残しています。まゆには及びませんでしたが、デレステでSSレア化されて多くの人に魅力が伝わったこと、総選挙開始時点で次にボイスが実装されそうなCuアイドルとしては最有力にして唯一の候補だったことなどが作用してか、多くの支持を集めてこの結果を得られたものと考えられます。

3位争いは難しい争いとなりました。というのも、キュートという属性の中でCGを取る勢いで票を集めるポテンシャルを秘めたアイドルが今回はまゆしかおらず、またボイス実装という観点からもこれまでの総選挙の中で上位50位にランクインしてボイスが実装されていないCuアイドルに全てボイスが実装されてしまったという事情もあり、かなり決め手に欠ける状況でした。実際、属性3位の智絵里から属性5位の幸子までは4万票しか離れておらず、属性4位の菜々に至っては約7000票差とかなりの僅差になっています。恐らく、中間発表から最後まで智絵里と菜々はかなり微妙な差の戦いを繰り広げており、最終的に若干智絵里が差し勝ってこの結果となったのだと考えられます。

総括3:クール上位3位争いについて

あまりに少ない枠を求めて争った結果超ハイレベルな展開に

今回は担当とかはあまり意識せず客観的に論じるよう努めるつもりですが、クールは当初の予想通りめちゃくちゃ参加者が多い椅子取りゲームとも言える激しい争いになりました。すなわち、属性1位は楓で決定、属性2位も第5回総選挙の結果を踏まえて肇Pがハッスルすることを考えるとやはり肇が有力、それでは最後の3位が誰になるかという問題になります。

有力なのは肇の次にボイス未実装組として有力な荒木比奈、そして過去の総選挙でも安定した結果を残している鷺沢文香神谷奈緒北条加蓮ということになります。順番としては比奈を最初に置きましたが、第5回総選挙の実績で言えば後に並べた3人よりも比奈は順位が低く、正直なところ第6回では属性3位を逃して全体10位ぐらいでボイス実装を逃すという「肇ルート」を辿る未来も予想できていた、というか比奈Pの多くがそれを予想して恐れていたと言っても過言ではありません。恐らくそのような予想を踏まえて、多くの比奈Pがかなりの勢いで票を投じていった結果、属性3位が全体の4位というかなりのハイレベルな争いになったのだと考えられます。

また、比奈がこの順位に収まったのは比奈Pだけが頑張ったからであるという訳では決してないと思われます。総選挙期間中のTBSではイベントレアという誰もが手に取れる形で登場し、またドリフェスでは安部菜々神谷奈緒とともに「虹色ドリーマー」の名を冠する新ユニットで登場しました。このような状況から、比奈はタテだけでなくヨコにも得票を伸ばしていったと予想され、特に菜々P・奈緒Pからは決して少なくない票を譲っていただけたのではないかと考えています。今回の結果は比奈P冥利に尽きる結果であり、またこの場を借りて荒木比奈に投票してくださった皆様には厚く御礼を申し上げる次第であります。

総括4:パッション上位3位争いについて

実はかなり巴有利だった3位争い

パッションについては、実は上位2位まではクールと状況がよく似ています。楓に次ぐCG候補の未央が属性1位、第5回総選挙で非常に惜しい結果を残した柚が属性2位を取ることは確実で、あとの3位に誰が入るかといったところが問題になりました。またパッションは過去の総選挙でも目まぐるしく上位にランクインするアイドルが変わっており、キュートのように有力アイドル同士の争いというよりは誰が入ってくるのか分からないバトルロイヤルといった雰囲気の争いになりました。

そんな中、中間では巴・藍子・日菜子・光の4人が3位争いに名乗りを上げます。第5回総選挙の結果を踏まえると票が分散しやすい・中間発表によっては当初予想されていなかったアイドルに票が集まることがあるというパッション特有の状況があり、急上昇を見せた光が実はダークホースなのではないかと弊ブログでも予想しましたが、フタを開けてみると巴が4位に18万票差をつけて3位という結果に終わりました。過去の総選挙を振り返ると、巴と日菜子は結構近い順位を記録してきていましたが、若干巴の方が順位が上といえば上だったという事実があります。そのような土台の上で、中間発表の結果を受けてボイス実装に向けて支援したいという票が集まった結果、巴が3位に入ることができたのではないかと考えています。

総括5:11位以下の争いについて

これからに期待がかかるタレント揃い、個人的には加奈とマキノに注目

今回、50位以内に初めてランクインしたアイドルは以下の5人になります。

  • 南条光
  • 今井加奈
  • 結城晴
  • 遊佐こずえ
  • 藤忍

どのアイドルも根強い人気を持つアイドルであり、来年以降の総選挙の結果、場合によっては総選挙を待たずにボイスが実装される可能性もあるアイドルが揃っています。彼女たちや50位以内にランクインしたもののボイス未実装のアイドルの中で、私が特に注目しているのは今井加奈と八神マキノです。というのも、個人的な観測範囲内での話であり8割ぐらいは妄想の可能性もある話ですが、この2人に対するデレステユーザーの好感度が高いように感じているからです。

加奈については、これまで総選挙の類では全く顔を見せてこなかったにも関わらず、今回初めて21位という順位にランクインすることができました。どうでもいいことですが21位というと第5回総選挙で荒木比奈が取った順位も21位でした。加奈に話を戻すと、島村さんに輪をかけて「普通の女子高生」感を押し出しているNカードとは裏腹に、恒常Sレアを始めとしたキュートな衣装が映えるビジュアルを兼ね備えており、もしデレステでSSレア化されれば一気に火がつくポテンシャルを持つアイドルなのではないかと個人的に考えています。既にボイスが実装されている藍子、今回めでたくボイス実装が決まった肇とのユニット「Age16」改め「ビビッドカラーエイジ」での絡みも期待でき、これからが楽しみなアイドルの1人です。

マキノについては、前回の総選挙で過去ランクイン経験なしから50位にランクインしたことで話題となりましたが、今回は31位と堅実に順位を伸ばすことができました。実際のところ、「メガネなメガネ」「オタクなメガネ」「メガネだけど運動神経が良い」など様々なメガネアイドルを取り揃えたモバマスにおいて、最も新参であるマキノは「美人で知的なメガネ」というある意味いそうでいなかった正統派メガネアイドルとしてモバマスに登場することになりました*2。そんなマキノについては、第5回総選挙で初めて上位50位にランクインした実績も踏まえて、デレステ勢からの支持が大きいのではないか、言い換えればデレステをキッカケにマキノPになった人が多いのではないか?と考えています。現状佐城雪美や鷹富士茄子に並んで着実に実績を残しているCoアイドルの1人であり、やはりこれからが楽しみなアイドルの1人です。

第7回シンデレラガール総選挙の展望

最後に、第7回総選挙についてかるーく予想をして終わりにしたいと思います。

キュート:菜々がCGを窺うがハイレベルな争い、加奈は割って入れるか

Twitter等でもちょっと言われていたことですが、「第7回はナナがCG」と予想する人がちらほらいたそうです。実際私も菜々はCGを取りそうな勢いはあるアイドルだと思っていますが、今回の結果を見ても分かる通りCuは有力なアイドルが横に並んでいる状況で、菜々が突っ走るかというとそうでもないような気がしています。今回の総選挙で上位だった智絵里や幸子、また今回に限っては少し落ちましたがみくもいる状況で、どれだけ菜々が票を集められるかが注目されます。一方で、ボイス実装を勝ち取りたいアイドルとしては、広く支持を集めやすい加奈が最有力であると考えられます。第6回総選挙で柚が上位に入ったことからフリルドスクエア全員ボイス実装狙いで工藤忍に票が集まる可能性もありますが、どちらかというとフリルドスクエアについては第7回総選挙を待たずボイスが実装されることを望むところです。

キュートで上位争いを繰り広げそうなアイドル

クール:楓が落ちるとは考えにくい、文香・加蓮あたりが激しく争うか

これまでの総選挙でずっと上位を取ってきた楓が今回めでたく1位を取ったわけですが、だからと言って楓がこれから落ちるということは考えにくいです。何と言っても楓Pは第3回総選挙が始まる前にガチャで搾り取られたにも関わらずキッチリ7位にランクインさせたバケモノ集団であり、たとえ一度CGを取っても手を緩めないのではないかと思わせる実績があります。ここに今回惜しくも属性4位・5位となった文香と加蓮、そして奈緒や奏などが絡み、キュート同様ボイス実装済みの実力派アイドルが激しく争う展開が予想されます。ボイス未実装アイドルでは雪美や晴、マキノに期待がかかるところですが、仮にボイス実装済みアイドルの大戦争が勃発した場合間に割って入れないという可能性もあります。

クールで上位争いを繰り広げそうなアイドル

パッション:未央のCG獲得に期待がかかる、ボイス新規実装は2枠か

パッションについては何と言っても未央がシンデレラガールの最有力候補となります。これまでの実績、第6回での大健闘、そして第1回以来Paのシンデレラが出ていないという若干世知辛い事情をひっくるめても、第7回では未央がシンデレラガールになりそうな匂いがムンムンします。一方で2位から3位の争いについては現時点では読めない部分も多く、第5回の再現で2位・3位にボイス未実装アイドルが滑り込むことも十分考えられます。その場合第6回で4位・5位に入った日菜子・光が有力な候補になっていくでしょう。

パッションで上位争いを繰り広げそうなアイドル

おわりに

書こう書こうと思っていた総選挙の総括をやっと書き上げることができ若干ホッとしています。ここまで色々と偉そうなことを書いてきましたが、1つだけ総選挙に関して申し上げたいことは、「未来のことは何もわからない」ということです。私がモバマスの総選挙に初めて参加したのは第2回ですが、その時には荒木比奈がまさか全体4位に入るとは思っていませんでした。というか去年の第5回の時もそんなに思っていませんでした。それでも、アイドルの担当P自身の努力や、他の担当Pによる支援、そして急に上位50位に顔を出したというサプライズが与えるインパクトなど、いろいろな要素が組み合わさって予想だにしなかった良い結果が生まれることが多々あります。

そういう良い結果を求めて、われわれはこれからも総選挙をやっていかなければならないのです。これは担当アイドルにボイスが実装されていようが実装されていまいが同じことで、アイドル全員に同じ土台として与えられた総選挙はそのための最も大切で最も重要な舞台なのです。……というようなことをしつこく訴える記事を次回は書こうかと思います。

今回はこの辺で失礼します。石川でお会いしましょう。

*1:このツイートによる

*2:思えばマキノと同時に実装された冴島清美もいいんちょメガネという正統派メガネでしたね

過去記事「スターライトステージの楽曲等登場回数まとめ」更新のお知らせ

過去に書いた記事「スターライトステージの楽曲等登場回数まとめ」を最新の事情に合わせて更新しました。
ご興味のある方は以下のリンクからお読みください。
oolong23.hatenablog.com

今後のブログ更新予定内容

自分用のメモも兼ねてまとめます。

総選挙関連

  • 第6回総選挙の総括記事
  • それでも俺達は総選挙をやっていかなければいけないんだという感じのポエム
  • 第7回総選挙に参加したい人向けのやること一覧表的なやつ

シンデレラガール関連

  • 楓さんがCG獲ったしモバマス始めるかァ~という感じのデレステP向け記事
  • 6周年アイプロに向けてアイプロランナー志望者向け記事の手直し

初心者向け記事の改修

  • 「初心者向け記事・改」の更新(UIの変更に伴うスクショの撮り直し・おすすめアイドル相場の更新等)
  • 「おすすめアイドル」の更新(相場の更新等)
  • その他更新の必要がある記事の更新

手が空けば手を付ける可能性のある記事

とりあえず5月~6月あたりはここらへんをちまちま書いていければと思っています。

第6回シンデレラガール総選挙・予想と短評 #2

4月24日、ついにデレラジとゲーム内で第6回シンデレラガール総選挙の中間発表が行われました。今回はツイート数調査というこれまでにない要素が入り、事前に順位に関して多少の目星がつく状況の中で行われている選挙ですが、皆さんは結果をどのように受け止められたでしょうか。私は正直なところ嬉しさが3分の1困惑が3分の1あと驚きが3分の1という感じです。

今回は、中間発表・これまでの私の順位予想・ツイート数集計をそれぞれ比較しつつ、改めて第6回総選挙の行く末について予想していきたいと思います。

順位のおさらい

ツイート数集計・私の順位予想・中間発表の順位は以下の通りとなります。

順位 ツイート数 ツイート人数 烏龍茶の予想 中間発表
1 藤原肇 高垣楓 高垣楓 高垣楓
2 佐久間まゆ 藤原肇 藤原肇 藤原肇
3 高垣楓 佐久間まゆ 佐久間まゆ 本田未央
4 本田未央 喜多見柚 本田未央 荒木比奈
5 村上巴  神谷奈緒 荒木比奈 喜多見柚
6 喜多見柚 荒木比奈 喜多見柚 佐久間まゆ
7 荒木比奈 村上巴 安部菜々 北条加蓮
8 関裕美 本田未央 神谷奈緒 鷺沢文香
9 安部菜々 北条加蓮 北条加蓮 関裕美
10 緒方智絵里 安部菜々 関裕美 安部菜々

なお、各ツイート集計についてはこちらのサイトの4月23日時点のデータを参考にしています*1。「ツイート数」は全体でそのアイドルに投票したというツイートの合計を、「ツイート人数」は(何回投票ツイートをしたかにかかわらず)そのアイドルに投票したユーザー数の合計を表します。

中間発表について短評

キュート:関裕美は思ったより強いかも

前回の記事でもなんとなくそうかなみたいなことは書きましたが、やはり佐久間まゆはツイート数が実際の投票数に比べると多かったということがわかりました。もちろんこれは悪いことではなくTwitterのまゆPがそれだけ熱心ということですし、というかキュート1位なのはこれまでの実績を鑑みるとかなりの躍進です。また、かえってこの状況がまゆPのハートに火をつけ、本当にツイート集計に近い順位に押し上げるということも考えられなくもありません。

一方で、やや苦戦を強いられるかと思われていた関裕美については、当初私が予想していたよりも健闘しているようです。私の予想と比べると順位が1つ上がっただけではありますが、それでも「安部菜々を押しのけての」9位であり、安部菜々の他にも緒方智絵里輿水幸子に競り勝ちながらこの位置にいるという事実は大変意義深いものです。この勢いに加えてGIRLS BE NEXT STEP担当Pからの支援もある程度期待でき、属性上位3位以内に向けてかなりの追い風が吹いていると言えるでしょう。

クール:荒木先生への暖かな声援ありがとうございます

属性1位・2位については予想通りでしたが、3位というか、全体の4位に自分の担当が入ってくるとは正直予想外でした。皆様投票本当にありがとうございます。奈緒・加蓮・文香あたりと属性3位争いをやりあうことになるとは予想していたものの、今のところ4位とある程度の差をつけて3位という位置に収まることができているのは大変ありがたいことです。

またぶっちゃけるとこの躍進は担当Pも非担当Pも予想していなかったところがあり、かなりの注目を集めたのではないかと考えています*2。クールについては楓と肇の頂上決戦もありつつではありますが、大方の予想を裏切って全体4位に入れたことが逆に多くのPの関心を集め、「タテ」ではなく「ヨコ」に投票が広がることを期待したいです。とはいえ3つ下には加蓮と文香というまさに大正義な人気を誇るアイドルが控えていることもあり、最後まで油断はできません。

パッション:やはり食いついてくる未央、3位争いは巴有利か

何を今更という感じではありますが、やはりパッションは本田未央が非常に強いです。ツイート人数の順位に比べて中間発表の順位は高く、素の集票力が高いことが窺えます。この辺は楓に近いものがありますね。属性1位である一方でシンデレラガール争いについてもまだ離脱していないと見られ、今後の動向によってはさらなる飛躍も望めます。

3位争いについては「中間発表で最も目立つことができたアイドル」が有利と前回の記事では予想しましたが、中間発表では村上巴が3位につけています。その1つ下が既にボイスのついている高森藍子、さらに下に喜多日菜子・南条光が収まっているという状況を見ると、現時点ではやはり村上巴が一歩リードしたという状況になったと言えるでしょう。とはいえ第5回総選挙で佐藤心が中間から躍進して最終的に属性3位に入ったという実例もあり、まだまだ予想はできない状況です。特にこれまで総選挙の類で姿を見せたことがない南条光が属性6位にランクインしているというのは、第5回の佐藤心の姿とダブります。

結論(2回目)

ということで、中間発表を受けた私の第6回シンデレラガール総選挙の順位予想は以下の通りとなります。

#3がいつになるのかは分かりません。多分月末ガチャの後になるでしょうか。まぁあくまで予想なので話半分に聞いてもらえればと思います。
今回はこの辺で。

*1:私と同じ比奈Pが集計しているサイトを参考にするというのは公正性という観点からやや微妙な気がしますが、数ある集計を行っているサイト・ツイッターアカウントの中でも恐らく最も偏りなく正確に集計していると考えています

*2:実際、一瞬ではありますがTwitterのトレンドにも「荒木先生」が登場していました

【告知】R荒木比奈60枚配布企画のお知らせ

突然の告知になり恐縮ですが、
本日4月23日(日)と明日4月24日(月)の2日間
にわたって、ソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ』内で荒木比奈のRカードを合計60枚配布いたします。

企画概要

第6回シンデレラガール総選挙が開催されている中で、1人でも多くの人に荒木比奈というアイドルの魅力を知っていただくため、現在は希少で手に取ることが難しいR(レア)カードの荒木比奈を配布します。希望品はN(ノーマル)荒木比奈としますので、配布時間にフリトレを見ることができる方ならどなたでも手に取っていただけるかと思います。

実施日時

  • 第1回:4月23日(日) 22時~
  • 第2回:4月24日(月) 22時~

※どちらも予定枚数の配布が終わり次第終了となります。
※偶数鯖・奇数鯖のどちらのフリートレード鯖に属している方でも手に取れるよう、2日間に分けて配布を行います。

配布カード

[サイバーグラス]荒木比奈

2012年8月の第4回プロダクションマッチフェスティバルで配布された、記念すべき初めての再登場カードとなります。荒木比奈のサインはこのカードで色紙に書かれていたサイン・イラストが元になっています。

クリスマスパーティー]荒木比奈

2012年11月の「1周年記念クリスマスパーティーガチャ」で登場した、記念すべき最初のガチャRカードとなります。

[ナイトパーティー]荒木比奈

2015年2月の「秘密のナイトパーティーガチャ」で登場したカードとなります。

上記のカードを各回10枚ずつ合計30枚、2日間合わせて60枚配布します。

企画参加方法

1. N荒木比奈を用意する

配布するカードは全て希望品として「N(ノーマル)荒木比奈」を要求します。ローカルオーディションガチャ・お仕事などを利用して、N荒木比奈を手元に用意しておいてください。なお、お仕事でN荒木比奈が手に入る主なエリアは、

  • 池袋C 13-2 バラエティ番組収録
  • 横浜C 17-3 ストリートでミニライブ
  • その他千葉、埼玉など

となります。

2. 企画開始時間を待つ

配布開始は4月23日(日)と4月24日(月)の22時~となります。

3. フリートレードで荒木比奈をGET!

私が順次荒木比奈を配布し始めるので、必要に応じてフリートレードを行ってください。

備考

  • この企画は、下記の綾瀬穂乃香ちゃん配布企画に便乗して行ったものです。

ch.nicovideo.jp

  • しかしながら、上記企画の主催者の方と異なり、私の手元にはSレアで強めの荒木比奈のカードはあまりなかったため、より多く枚数を持っており、なおかつ希少価値が高く手に取る意味があるものをチョイスして配布することにしました。
  • 配布する枚数は60枚と結構少なめですが、何卒ご容赦ください。
  • この配布企画を機に、荒木比奈というアイドルの魅力に触れていただき、総選挙で1票でもお力添えをいただけると大変ありがたく思います。

開催まで時間がありませんが、質問等あればコメント欄または私のTwitterへお願いします。