読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dreamdancer

モバマスイベント走行記、攻略情報(?)、あるいはモバマスについて思うことなど

独断と偏見によるグラブル土SSR評価

グラブル

正直なところ私もグラブル上級者と自称できるほどやりこんではいないのでアレですが、最近Twitter等でグラブルのSSR評価一覧みたいなのを見てもなんとなく納得できないということが何回かあったので、自分なりに土SSRを評価してみたいと思います。

注意:

  1. アレーティアとメルゥは所持していないので、カタログスペックを見ての判断になります。また、期間限定でおそらく来年まで入手できないであろう水着ヴィーラは評価の対象外としました。
  2. グラブルは武器の揃い具合ややり込み具合によってキャラの使用感が変わるゲームだと思うので、下記の評価は人によっては当てはまり、別の人にとっては当てはまらないことがあるかと思います。ある程度汎用的な評価を心がけていますが、その辺はご了承ください。
  3. 奥義・アビリティ・サポートアビリティ・その他(得意武器や他キャラとのシナジー、クロスフェイトによるパラメータ上昇など)に各10点を割り振り、合計40点満点で評価しています。
  4. 「その他」については、強みと思った部分1個に対して3点を付与し、弱みと思った部分は適宜マイナスしています。

アレーティア

  • 奥義:8点
  • アビリティ:8点
  • サポートアビリティ:6点
  • その他:6点

合計:28点

攻撃タイプでよぼよぼな見た目とは裏腹に年齢を感じさせない火力を叩き出すアタッカー。アビリティは1つ目・2つ目が攻撃で3つ目がウェポンバーストというシンプルな強さが感じられる攻勢となっている。3アビがあることで奥義の足並みも揃えやすいが、サポアビの奥義ゲージ上昇量アップで3アビがなくてもチェインバーストに間に合いやすいと思われる。得意武器が剣ということで土属性のマグナ攻刃であるユグマグ剣と相性が良いのと、クロスフェイトエピソード2個(キハール・ティナ)でさらにパラメータが上昇することから6点加点。初心者から上級者まで幅広くダメージソースとして戦力にできる優秀なキャラだと思います。

ジークフリート

  • 奥義:10点
  • アビリティ:7点
  • サポートアビリティ:3点
  • その他:3点

合計:23点

変な兜を被っているがその中身はイケメンというキャラクターのごとく、風変わりなアビリティ構成から強さが染み出しているようなキャラ。奥義はブレイク時に与える追加ダメージが非常に大きい上、3アビでのモードゲージ減少+自分の奥義ゲージ加算とのシナジーが強い。アビリティは1アビの攻撃でもそれなりにダメージを与えられる上、追加効果の水耐性アップで2アビの捨て身での防御ダウンを基本的にカバーできるのがありがたい。3アビは弱体化されたものの、それでもモードゲージ減少に加えて自分の奥義ゲージを加速できるのは非常に強い。しかしながら、サポートアビリティについては本当に稀にしか発動しない上、そこまで回復量も期待できないのでそんなに頼りにできない。得意武器が剣ということでアレーティアと同じく3点加点。やはりアレーティアと比べると少し見劣りしますが、それでも十分強いキャラだと思います。みんな使おう。

カリオストロ

  • 奥義:8点
  • アビリティ:9点
  • サポートアビリティ:3点
  • その他:5点

合計:25点

世界一可愛い錬金術師という濃い味付けのキャラクター。奥義は最終上限解放前は至って普通だが、2アビの自己バフと組み合わせれば人並み以上に強くなる。1アビは与ダメージ+防御ダウンで、完全にではないがアマブレの代わりとしても使える。2アビは自分の弱体効果回復+自己にいろいろバフをつけるという内容だが、自分だけ弱体効果が回復されてうれしいという状況はそこまで多くない上に、リキャストまで時間が掛かって奥義に合わせるのが難しいのが難点。サポートアビリティの弱体耐性アップはそんなに恩恵を感じる場面は多くない。その他のメリット・デメリットについては、何といっても最終上限解放ができる点が強みになる。上限解放することで奥義に追加効果(回復力アップ)が付与され、3アビの全体回復が強化される(さらにユグマグの召喚効果と合わせると非常に強くなる)ことで3点加点、さらにレベルを上げることで1アビ強化・自動復活のサポアビ追加・2アビの効果範囲全体化が得られることで3点加点、しかしそこに至るまでの道が長いので1点減点。後述のサラとともに、パーティに入れれば継戦能力が格段に上がる重要なキャラ。手に入れられれば非常に心強い。

サラ

  • 奥義:9点
  • アビリティ:9点
  • サポートアビリティ:8点
  • その他:3点

合計:29点

イベントのシナリオでは非常にかわいそうだったがバトルでもかわいそうな立ち回りを背負わされる、鉄壁のような防御キャラ。基礎的な攻撃力は低いものの、奥義では他のキャラと比べ通常の攻撃力に掛けられる倍率が高く大ダメージを期待できる。そして何といっても強いのがアビリティで、1アビのかばう・2アビのダメカット・3アビの防御10倍アップとダークフェンサーのスロウ・グラビティを組み合わせると、リヴァイアサン・マグナを含めた多くのボスの特殊技*1をほぼ完封できる。これによって他のキャラクターの代わりに多くのダメージを受けることになるが、ここでサポートアビリティの背水効果が活きてくる。ダメージを受ければ受けるほど攻撃力が強くなるので、基礎的な攻撃力もある程度カバーされる。さらにユグマグ弓によって背水効果を追加すれば、下手すれば他のキャラクターより火力が出るポテンシャルも秘めている。これにより3点加点。土パには必須のキャラだと思います。

メルゥ

  • 奥義:8点
  • アビリティ:7点
  • サポートアビリティ:5点
  • その他:2点

合計:22点

SSRでは唯一のエルーン娘。アビリティは自分の火力を上げることに特化した構成となっており、2アビと3アビを組み合わせることで奥義ゲージの回転が非常に速くなる。また1アビの捨て身と3アビのTA確定はなかなかどうして大ダメージを期待できる組み合わせだと思います。サポアビの発動率はそこまで高くないようだが、それでも確率で自己バフがつくのはさらなる火力アップに繋がる良サポアビだと思われる。奥義ゲージの回転が速いことでアレーティアやウェポンマスターなどと相性が良いので3点加点するが、種族がエルーンのためバハ短剣・剣使用時に恩恵に与れないため1点減点。それぞれ特化したアドバンテージを持つキャラが多い土属性では埋もれがちだが、それでも火力は期待できる悪くないキャラだと思います。

アルルメイヤ

  • 奥義:8点
  • アビリティ:8点
  • サポートアビリティ:3点
  • その他:0点

合計:19点

なんかハーヴィンらしからぬ妖艶さというか憎たらしさというかなんかそんな感じの何かを兼ね備えた未来予知系のキャラ。1アビは全体ダメージなので討滅戦の雑魚一掃などで便利。またアルルメイヤに期待される最大の役割が2アビのマウント効果で、リヴァイアサン・マグナの青の楔への対抗策として一定の価値がある。3アビのスロウもまあ強いが結局ダクフェのグラビティと組み合わせないとどうにもならないことも多いし、またリヴァマグでの運用を想定すると、ちんたら通常技を打たせ続けるよりかはとっとと特殊技を打たせてサラに背負わせた方が全体としてのダメージは減るという考え方もできるため、そこまで必須というわけではない気がする。ただリヴァマグのグラビティ効果が切れてサラのかばうが間に合わないという時はたまに役立ちます。サポアビの防御アップはそこまで強いものでもない。種族がハーヴィンなので他キャラがヒューマン縛りだと火力が落ち、ただでさえそんなにない火力が目に見えて見劣りするのが難点。それでもマウントがあるのとないのとでは大違いになる水ボス戦も少なくないので、絶対いらないかというとそんなことはないキャラだと思います。

あくまで個人の感想(特に持ってないアレーティアとメルゥ)なので他の方の使用感とは合わない部分も少なくないと思います。何かあればお気軽にコメントにどうぞ。気が向いたら他の属性も書きます。

*1:ただし、「かばう」で背負えるダメージは単体攻撃(潰崩のタイダルフォールなど)のみで、全体攻撃(水鏡など)はかばえない