Dreamdancer

モバマスイベント走行記、攻略情報(?)、あるいはモバマスについて思うことなど

後の祭り part 2


肇PMFSお疲れ様でした。今回は前回にも増してオーバーランしました。

走る準備

まずフロントは前回のPMFSからぼちぼちイベント走ったりガチャ回したりなんだりしてクール一色でフロントが強化されていたので、前回のように慌ててキュートフロントを用意するとかそういう事態にはならなくてよかったです。

だので今回はエナドリだけ用意すればよかったのですが、やはりまだ上手くスタエナ交換できないっすね。今回は大口一括で変換する形になったのですが、「まぁこれぐらいならいいんじゃないすか」レベルにしか収まらなかった気がします。後から振り返ると。

とはいえ、そこで用意した生エナとイベント専用アイテム等をかき集めて何とかエナ換算1000本分は集まったので、準備は余裕を持って終われたと思います。

しかしまぁ上位は肇ちゃんでした。そもそもここら辺の準備って「上位が乙倉ちゃんだったら走らなければいけない」という前提があってやってたはずなんですけど、いつの間にか手段が目的化されて、「これだけエナドリ集めたんだから走らな損や」みたいな感じで走る感じになってしまいました。

PMFSの仕様

今回からグルーヴが全員発動できるようになったのと、フロントがグルーヴの発動状況に応じて適当に自動スイッチされるようになりました。ここら辺はおおむね歓迎できる変更だったと思います。特に代表が寝過ごしてグルーヴ発動できずに終わるみたいな自体が避けられたり、クールグルーヴ発動してるのに延々と素発揮値の低いキュートフロントで殴り続けたりみたいな事故がなくなりますからね。

あと毎戦マッチングは前回に引き続き採用されましたが、やはりしょうがないのかなと思います。やろうと思えばいつものフェスのようなマッチングはできるんでしょうけど、平日開催だと週末開催以上にいろんな事情によってフェスに参加できたりできなかったりというブレがありそうなので、フェス全体のプロダクション総獲得声援ptでマッチングするというのは合ってないのかもしれません。

あとグルーヴについては前回と違って自分のフロントがクールで統一されてたので許しました(熱い手の平返し)

1枚ボーダー

これまでの肇ちゃんの実績(?)を考えると流石に前回(362万)と同程度のボーダーにはならないのではと思いました。日程の違い・グルーヴによるエナ1本あたりのpt効率の違い等を考えると、PMFとPMFSを同列に考えるのは適当ではないと思うのですが、最近のPMFのボーダーと比べるとだいたい450万~550ぐらいになるのではと予想しました。

実際1枚ボーダーは前回の1.3倍ぐらいで推移して、最終的に513万となりました。最大で550万ぐらいを見積もっていたのでまぁそんな感じかなとは思いましたが、流石に結構伸びましたね。ざっくりグルーヴのによって発揮値が1.2倍=声援ptが1.2倍になってると考えても、仮にグルーヴがなければだいたい427万ぐらいがボーダーになっていたわけで、3日間でそれほどエナドリを飲ませた肇ちゃんはなかなか強い女だなと思いました。

反省その他

第1回PMFS・第5回TBS・第2回PMFSと、3回プロ対抗イベを走ってみてやっと気づいたのですが、プロ対抗イベは短期間に集中的に走るよりも上手い具合に稼ぎどころをバラけさせた方がいいですね…… 少なくとも桁が違うレベルに差がついている対戦相手に対して死体蹴りするよりは、勝ち点の比重がデカい最終戦エナドリを回した方がよかったのではないかと思います。

あと、PMFS前にも宣言していましたが今度こそフェスはもう走らないことにしたいです。他のイベントに比べて注ぎ込むリソースが大きい割にリターンはいつもと変わらないですし、イベント報酬以外の副産物として一番重要なファン数については今回のPMFSでS3達成してしまいましたし。あと、つよいアイドルを維持しておくよりかはドリンクを貯めておいた方が“今後のため”になるのでは……と。今後は高くて脳筋性能なアイドルよりも安くてそこそこ働いてくれる両面特技のカードとかを集めてまったり暮らしたいと思います。

それと、いい加減16コス以上Sレア確定チケットでもうちょい高いカードを出してほしいですね…… ま、16コス以上確定っていうのは14コスと15コスのSレアが出ないようになってるだけなんで実はふつうのS確チケとさして変わらないのではという感じもしますが。しかし流石に今回手に入った16コス確定チケ2枚のどっちもから律子が出てきたのは流石に堪えたので、次回のいつかのガチャでの揺り戻しを期待したいところです。