Dreamdancer

モバマスイベント走行記、攻略情報(?)、あるいはモバマスについて思うことなど

連続記事・モバマスSレア徹底分析⑥ コスト19編

無駄に長引いていた連続記事もこれで最後になります。今回は現状最高のコストであると思ったら案の定シンデレラ凛に抜かれたコスト19です。相場は6/9頃のスタドリ相場平均を採用しており、記事をこしらえた時期の関係から[ミッシング・ピース]二宮飛鳥・[スウィートハニーハート]的場梨沙・[ラブ☆キノコ]星輝子・[黄金の幸運]土屋亜子・[ミンナノミカタ]南条光が考察対象から外れています。またコストごとの相場については、平均値を用いると例外的に高いカードの相場に影響されて各属性・コストごとの特徴がつかめなくなるため、中央値を用いてこれを代表的な値としています。

19コスト

Cu 枚数:24 攻平均:19852.7(コスト比:1044.9) 守平均:16632.9(コスト比:875.4) 相場中央値:535
Co 枚数:27 攻平均:19787.1(1041.4) 守平均:16518.4(869.4) 相場中央値:665
Pa 枚数:30 攻平均:20021.4(1053.8) 守平均:16298.1(857.8) 相場中央値:368

2013年9月末~現在にかけて登場したSレアが該当する、最も高いコストでした。多分明日の月末1番手は20コスだと思うのですが依然としてトップレベルなのには今のところ変わりありません。当然ながらモバマス内に存在する全てのカードの中で最強の能力を誇り、さらには刻一刻と変化する“理想フロント”を構成するカード・構成していたカードが含まれます。枚数はCuが24枚、Coが27枚、Paが30枚です。

攻発揮値は何枚かを除くすべてのカードが18000を超え、およそ半分は20000を超えています。こちらも発揮値のバランスと特技にはっきりとした対応関係があるため、18コストと同様に分類を行いますが、現状最強のコストですので、さらに詳しく分析したいと思います。

攻特化型カード

Cu13枚/全24枚・Co14枚/27枚・Pa19枚/30枚が該当し、攻発揮値はほとんどすべて20000を超えます。このうち特技が単色または二色絶大固定となっているものはCu7枚・Co5枚・Pa9枚となっており、Coがやや不遇です。さらにこれらのカードの平均相場を比べると、Coがスタ878なのに対してCuがスタ699・Paが723となっており、Co絶大固定は他の2属性に比べてかなり入手しづらいことがわかります。

次に、特技が極大または極大~絶大ランダムのカードの相場を比べてみましょう。Coは[ゴシックホラーナイトメア]白坂小梅と[アニバーサリープリンセス]神崎蘭子という超人気アイドルの上位報酬があるため、相場の平均は非常に高くなっています。しかし、限定Sレア[眠れる小悪魔]新田美波と[夜色の花嫁]速水奏が既に2013年末の福袋で復刻されており、また[シークレットナイト]八神マキノが恒常入りしている関係から、「とりあえず攻発揮値20000以上のカードが欲しい」という層にとって取っつきやすいスタ300~400程度のカードが3枚存在します(平均相場スタ364)。Cuでは[ハロウィンうぃっち]小日向美穂・[新春の甘姫]双葉杏・[はじけて♪サマー]島村卯月が該当しますが、こちらはやや高めになっています(平均相場スタ446)*1。一方Paで同条件のカードを探すと5枚が該当し、平均相場はCoとさして変わらない程度となっている(スタ361)上、ぎりぎり攻発揮値が20000を超えないものの恒常入りしている[バーニングハート]日野茜も加えると6枚の攻20000帯カードが揃っていることになります。以上の条件を比べると、やはりコストパフォーマンスに勝るのはPaということになります。

バランス型カード

Cu6枚/24枚・Co5枚/27枚・Pa6枚/30枚が該当します。このクラスのカードは様々な追加事情があり、相場がかなりバラついています。最も安いのは[シュガーリーボディ]榊原里美・[エレガントアクトレス]三船美優の2枚です。両方とも恒常入りしていることに加え、攻コスト比がそれぞれ937.3・954とかなり見劣りすることからスタ200以下で入手できます。恒常Sレアではありませんが、ほとんど事情が同じである[ちびっこポリス]龍崎薫・[クリスマス☆ギャル]大槻唯も同程度の相場です。他のカードについては基本的にスタ300~400程度で取引されていますが、[魅惑のバニー]水木聖來はリミテッドガチャ追加Sレアであることからスタ571と高めです。

そして、「様々な追加事情」のうち最も特殊な事情をもつのが、2014年3月に相次いで登場した[ワンダフルマジック]シリーズです。全カードボイス・エピソード付きで、2014年4月の舞浜1stライブで出演者が身にまとっていた衣装と同じ衣装を着ているアイドルのイラストが使用されているカードですが、このシリーズのカードは総じて高くなっています。中でも、[ワンダフルマジック]高垣楓は現在モバマス内で流通しているカードの中で最も高いスタ1800で取引されています。

デバフ型カード

Cu5枚/24枚・Co7枚/27枚・Pa5枚/30枚と、Coがやや多くなっています。特技が極大固定・極大~絶大ランダムのものについては基本的にスタ300程度以下で入手でき、中でも[うたのおねえさん]持田亜里沙・[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香・[無防備☆ガール]喜多見柚は各属性で唯一の両面デバフ恒常入りとなっている関係から比較的安値で取引されています。絶大固定のものは、[ワンダフルマジック]本田未央・[優美なる花嫁]三船美優がそれぞれスタ285・スタ377程度で取引されているのを除けば、スタ600~800程度とかなり高価で取引されています。

ただし、特技の効果量にかかわらず、人気アイドルの上位報酬は非常に高値で取引されています。[ハッピーニューウサミン]安部菜々はスタ703で取引されていますし、第5回DLF上位報酬である[紙背の想い人]鷺沢文香はスタ1363、第6回DLF上位報酬である[クローバーエンジェル]緒方智絵里はスタ1143で取引されています。これは最近のイベント上位報酬の相場としては異常なレベルの高値で、両アイドルの人気の高さが窺い知れます。

おわりに

本当は「今後の展望」みたいな章も書こうかなと思ったのですが、諸般の事情と記事の執筆経緯から予想が難しいためやめました。まぁ多分7月末ガチャ1番手が鷺沢さんでめちゃくちゃ高くなっていて、第18回PMFの上位報酬は一ノ瀬志希でやはりボーダーがヤバくなっているのではないでしょうか?

このような記事を書いた理由は、私自身がSレアのパラメータや相場の事情について一度軽くさらっておきたいと思っていたのもありますが、最近「モバマスはSレアを手元に置いてナンボのゲーム」だなあという思いを強くしていることも影響していると思います。

この記事内でも強調している通り、一部の特殊な事情を除けばSレアの相場はだんだん下がることが多いです。ですから、手元のドリンクをSレアアイドルと交換して手元に置いておく時間が長ければ長いほど、収支としてはマイナスになるでしょう。最近ではそういう事情からドリンクを多く手元に置いておきたいという人を「ドリンク嫁勢」と呼ぶとか呼ばないとか。

しかし、モバマスというゲームの一番の根本的な部分というのはやはりアイドルです。アイドルのカードを入手し、イラストを鑑賞し、台詞を読み、ボイスを聞き、そしてイベントでアイドルとともに戦うという一連の流れが最も自然なのではないでしょうか。もちろん、どのアイドルのカードを入手するのかという点については各人の事情があると思いますが。

というわけで、この記事を読んで下さった皆様が各々に合ったSレアカードを入手し、モバマスをより一層楽しめることを願って、記事の結びとしたいと思います。

おまけ・モバマスで最も高いアイドル10傑(2014年6月9日頃)

※他のアイドルに比べると下記のアイドルは全員超人気アイドルと言えるので高騰理由には「人気が高い」も含まれますが、省略しています

コスト19・Co [ワンダフルマジック]高垣楓・スタ1800 理由:WMリミテッドガチャ
コスト19・Pa [ワンダフルマジック]城ヶ崎美嘉・スタ1492 理由:WMリミテッドガチャ
コスト19・Co [夜宴の白芙蓉]北条加蓮・スタ1432 理由:月末1番手・理想
コスト16・Cu [お月見ウサミン]安部菜々・スタ1390 理由:希少・配布時期古い
コスト19・Co [紙背の想い人]鷺沢文香・スタ1363 理由:イベントボーダー暴騰
コスト19・Co [アニバーサリープリンセス]神崎蘭子・スタ1307 理由:イベントボーダー暴騰
コスト19・Cu [クローバーエンジェル]緒方智絵里・スタ1143 理由:イベントボーダー暴騰
コスト16・Cu [自称・天使]輿水幸子・スタ1067 理由:希少・配布時期古い
コスト19・Pa [ふわふわメイド]十時愛梨・スタ1018 理由:月末1番手・理想
コスト18・Co [あやかし京娘]塩見周子・スタ927 理由:イベントボーダー暴騰

*1:杏は復刻・パワー持ちイベント終了によりかなり安くなりました。